研究テーマ

研究テーマ

主な研究テーマ

主な研究テーマ

受託研究に興味がある方は、受託研究をご参照ください。

1.新規抗菌治療薬の開発
従来、製薬企業では、抗菌薬の開発において、試験管内での多段階での試験を経て選別した化合物に対して、治療効果の評価をマウスなどの哺乳動物に対して行っていました。その為、膨大なコストがかかり、しかも効率が低いという問題がありました。弊社では、カイコ幼虫の感染モデルを用いて、治療効果を指標に多剤耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)や緑膿菌などの臨床で問題となっている細菌感染症に有効な化合物を探索する新しい技術を開発することに成功しました。この新しい方法では、対象となる病原菌の増殖を阻害する物質を生産する放線菌やカビなどの培養上清から、カイコ幼虫の感染モデルで治療効果を示す候補化合物を選抜し、有効成分を精製して構造を決定します。最終的には、マウスの感染モデルでの治療有効性を確認し、十分な治療効果が得られ、かつ、新規構造を有する化合物を選別します。すでに弊社では、マウスでの治療効果を示す抗菌治療薬の同定に成功しました。今後、弊社では、この方法により、独自に開発した新規化合物を製薬企業へ販売する予定です。
2.抗ウイルス薬剤の開発
カイコ幼虫のバキュロウイルスによる感染死の系において、ヒト臨床でヘルペスウイルスやサイトメガロウイルス感染症の治療薬として用いられているガンシクロビルやホスカルネットが治療効果を示します。弊社では、この系を用いて、新規のヒトの抗ウイルス薬の効果の評価開発を目指しています。すでに弊社では漢方薬成分であるケイヒ(桂皮)からカイコ幼虫のバキュロウイルス感染系における治療薬を指標として物質の精製に成功しています。NMRによる構造決定により、この化合物は、抗ウイルス活性が報告されたことのない物質であることが判明しました。さらにこの物質は、ヒトのウイルスであるHSV-1のプラーク形成能を阻害することも明らかとされました。更に弊社では、土壌から分離された多数の菌の培養液のエタノール抽出画分にカイコ幼虫バキュロウイルス感染モデルにおいて治療効果を示すサンプルを見出しています。現在、有効成分を精製し、構造を決定することを試みています。
3.花粉症の予防・治療方法の開発
スギ花粉はアルカリ性水溶液中で、外側の殻が外れ、形態変化を引き起こします。そのようなスギ花粉は、飛散能力がありません。弊社では、この新しい知見をもとに、従来にはなかった新しいスギ花粉の飛散防止方法の開拓に努めています。また弊社では、新しい知見に基づく花粉症の予防、治療薬の開発に取り組んでいます。
4.自然食品の開発
弊社では、ウコンなどの健康食品あるいや漢方薬など から有効成分を分析し、抽出するシステムを確立しました。また、その効能を測定するシステムを確立しました。この系を用いて、新たな自然食品の開発を試みています。
5.食品の毒性・病原性試験法の開発
カイコとヒトでは抗生剤の有効量(ED50)が一致しますが、毒物の体重あたりの致死量(LD50)も良く一致します。一般に食品の毒物の検出には、毒物の種類に応じた物理化学的な手法が用いられますが、従来のこのような方法では全ての毒物検出法を施すことは、未知の毒物が存在する以上、不可能です。そこで、弊社ではカイコをテスターとして用い、農産物や食品、環境から毒物や病原性細菌を検出する方法を開発し、事業化する事を目指しています。

pdfはこちら パンフレット(詳細)約4.53MB