会社概要

会社概要

会社概要

商号 株式会社ゲノム創薬研究所
設立 平成12年(2000年)12月21日
資本金 3637万円
事業内容 1.感染症の治療に有効な新規抗生物質の開発
2.自然免疫活性化を指標とした自然食品の開発及びその受託業務
3.カイコの疾患モデルの開発及びその受託業務
本社(登記上) 〒113-0033 東京都文京区本郷1丁目27番8-1207号
ラボ・事務所 事務所:〒113-0033 東京都文京区本郷3-24-17
ネクストビル102号室
Tel (03) 5684-8570
ラボ:〒277-0882 千葉県柏市柏の葉5-4-19
東大柏ベンチャープラザ201A 201B
Tel (04) 7128-8066

会社沿革

 
平成12年12月 ゲノム創薬研究所有限会社として設立(設立理念PDFファイル参照)
平成13年 4月 大手製薬会社と共同研究契約を締結し事業開始
平成17年 3月 エヌ・アイ・エフ ベンチャーズ株式会社(含む関連組合)が出資引受
平成17年 5月 千代田区外神田にウエットラボ開設
平成17年 5月 株式会社に改組し、社名を株式会社ゲノム創薬研究所に変更
平成19年 7月 独)医薬基盤研究所の基礎研究事業に研究実施機関として参加
(研究プロジェクト名:カイコ幼虫感染症モデルを用いた、バイオアッセイ
による感染症治療薬シーズの開発)
平成19年 8月 東京大学の本郷キャンパス(アントレプレナープラザ)にウエットラボ移転
平成20年 7月 独)科学技術振興機構の産学共同シーズイノベーション化事業顕在化ステージに当社課題が選定される。
研究課題名:カイコをテスターとする、農産物、食品、並びに環境の毒性・病原性試験法の開発
平成24年 8月 独)科学技術振興機構の研究成果最適支援プログラム(A-STEP)に当社課題が選定される。
研究課題名:新規環状ペプチド化合物の毒性、メカニズム解析
平成26年 7月 東大柏ベンチャープラザにウェットラボ移転。
平成27年 4月 当社と東京大学が開発し、次世代抗生物質として期待される「ライソシン開発プロジェクト」への
助成事業が独)科学技術振興機構から日本医療研究開発機構(AMED)に引継がれる。
平成27年10月 ちば中小企業元気づくり助成事業に選定される。
助成事業名:カイコ遅発筋収縮法を活用した自然免疫活性化効果の期待される成分の抽出及び抽出成分の生産方法の確立。