研究成果



  1. Advantages of the Silkworm As an Animal Model for Developing Novel Antimicrobial Agents. Panthee S, Paudel A, Hamamoto H, Sekimizu K. Front Microbiol. 2017 Mar 7;8:373. doi: 10.3389/fmicb.2017.00373. eCollection 2017. Review. 詳細(外部リンク)
    新規抗菌薬の開発のための実験動物としてのカイコの有用性について述べた論文。
  2. Development of Novel Antibiotic Lysocin E Identified by Silkworm Infection Model. Hamamoto H, Sekimizu K. Yakugaku Zasshi. 2017;137(4):389-392. doi: 10.1248/yakushi.16-00235-4. 詳細(外部リンク)
    カイコの黄色ブドウ球菌感染モデルを用いて、新規抗生物質ライソシンEを発見した。
  3. Lactobacillus paraplantarum 11-1 Isolated from Rice Bran Pickles Activated Innate Immunity and Improved Survival in a Silkworm Bacterial Infection Model. Nishida S, Ishii M, Nishiyama Y, Abe S, Ono Y, Sekimizu K. Front Microbiol. 2017 Mar 20;8:436. doi: 10.3389/fmicb.2017.00436. eCollection 2017. 詳細(外部リンク)
    ぬか漬けから分離された乳酸菌が、カイコの自然免疫を促進し、感染に対する抵抗生を付与することを示した。
  4. In vitro antibacterial activity and in vivo therapeutic effect of Sesbania grandiflora in bacterial infected silkworms. Anantaworasakul P, Hamamoto H, Sekimizu K, Okonogi S. Pharm Biol. 2017 Dec;55(1):1256-1262. doi: 10.1080/13880209.2017.1297467. 詳細(外部リンク)
    セスバニア・グランディフローラという植物の感染症治療薬としての活性をカイコを用いて示した論文。
  5. Silkworm fungal infection model for identification of virulence genes in pathogenic fungus and screening of novel antifungal drugs. Ishii M, Matsumoto Y, Nakamura I, Sekimizu K. Drug Discov Ther. 2017 Mar 22;11(1):1-5. doi: 10.5582/ddt.2016.01080. Epub 2017 Feb 21. 詳細(外部リンク)
    抗真菌薬の治療活性をカイコの真菌感染モデルを用いて評価できることを示した論文。
  6. Decreased sugar concentration in vegetable and fruit juices by growth of functional lactic acid bacteria. Ishii M, Matsumoto Y, Nishida S, Sekimizu K. Drug Discov Ther. 2017 Mar 22;11(1):30-34. doi: 10.5582/ddt.2016.01079. Epub 2017 Feb 14. 詳細(外部リンク)
    機能性乳酸菌の増殖による野菜・果物ジュース中の糖濃度の減少を示した論文。
  7. Lactic acid bacteria of the Leuconostoc genus with high innate immunity-stimulating activity. Ishii M, Nishida S, Kataoka K, Nishiyama Y, Abe S, Sekimizu K. Drug Discov Ther. 2017 Mar 22;11(1):25-29. doi: 10.5582/ddt.2016.01078. Epub 2017 Feb 14. 詳細(外部リンク)
    ロイコノストック属乳酸菌が高い自然免疫促進活性を示すことを述べた。
  8. Synergistic effects of vancomycin and β-lactams against vancomycin highly resistant Staphylococcus aureus. Tabuchi F, Matsumoto Y, Ishii M, Tatsuno K, Okazaki M, Sato T, Moriya K, Sekimizu K. J Antibiot (Tokyo). 2017 Feb 15. doi: 10.1038/ja.2017.7. [Epub ahead of print] 詳細(外部リンク)
    バンコマイシンに対して高耐性を示す黄色ブドウ球菌に対する、バンコマイシンとβラクタム薬の相乗効果を示した。
  9. Discovery of a new antifungal agent ASP2397 using a silkworm model of Aspergillus fumigatus infection. Nakamura I, Kanasaki R, Yoshikawa K, Furukawa S, Fujie A, Hamamoto H, Sekimizu K. J Antibiot (Tokyo). 2017 Jan;70(1):41-44. doi: 10.1038/ja.2016.106. Epub 2016 Aug 31. 詳細(外部リンク)
    カイコの、病原性真菌アスペルギルス・フミガタス感染モデルを用いて、新規抗菌薬ASP2397を発見した。
  10. In silico identification of lysocin biosynthetic gene cluster from Lysobacter sp. RH2180-5. Panthee S, Hamamoto H, Suzuki Y, Sekimizu K. J Antibiot (Tokyo). 2017 Feb;70(2):204-207. doi: 10.1038/ja.2016.102. Epub 2016 Aug 24. 詳細(外部リンク)
    ライソバクター属細菌RH2180-5の抗生物質ライソシンの生合成に与る遺伝子の、インシリコでの同定。
  11. Lysobacter species: a potential source of novel antibiotics. Panthee S, Hamamoto H, Paudel A, Sekimizu K. Arch Microbiol. 2016 Nov;198(9):839-45. doi: 10.1007/s00203-016-1278-5. Epub 2016 Aug 19. Review. 詳細(外部リンク)
    新規抗生物質を探索する上での生物資源としてのライソバクター属細菌の有用性を述べた。
  12. Menaquinone as a potential target of antibacterial agents. Paudel A, Hamamoto H, Panthee S, Sekimizu K. Drug Discov Ther. 2016;10(3):123-8. doi: 10.5582/ddt.2016.01041. Review. 詳細(外部リンク)
    抗菌薬の標的としてのメナキノンの有用性について述べた。
  13. Evaluation of anti-diabetic drugs by using silkworm, Bombyx mori. Matsumoto Y, Sekimizu K. Drug Discov Ther. 2016 Feb;10(1):19-23. doi: 10.5582/ddt.2016.01017. Epub 2016 Feb 22. Review. 詳細(外部リンク)
    カイコを用いて、抗糖尿病薬を評価できることを示した。
  14. Identification of lysocin E using a silkworm model of bacterial infection. Hamamoto H, Sekimizu K. Drug Discov Ther. 2016 Feb;10(1):24-9. doi: 10.5582/ddt.2016.01012. Epub 2016 Feb 25. Review. 詳細(外部リンク)
    カイコの細菌感染モデルを用いて新規抗生物質ライソシンEを同定した。
  15. A hyperglycemic silkworm model for evaluating hypoglycemic activity of Rehmanniae Radix, an herbal medicine. Matsumoto Y, Sekimizu K. Drug Discov Ther. 2016 Feb;10(1):14-8. doi: 10.5582/ddt.2016.01016. Epub 2016 Feb 19. Review. 詳細(外部リンク)
    生薬の地黄を高血糖にしたカイコの血統効果作用により評価することを提案した論文。
  16. Usefulness of silkworm as a host animal for understanding pathogenicity of Cryptococcus neoformans. Ishii M, Matsumoto Y, Sekimizu K. Drug Discov Ther. 2016 Feb;10(1):9-13. doi: 10.5582/ddt.2016.01015. Epub 2016 Feb 19. Review. 詳細(外部リンク)
    病原性真菌のクリプトコッカス・ネオフォルマンスの病原性を理解する上でのカイコの宿主としての有効性を示した。
  17. A silkworm infection model to investigate Vibrio vulnificus virulence genes. Yamamoto M, Kashimoto T, Yoshimura Y, Tachibana N, Kuroda S, Miki Y, Kitabayashi S, Tong P, Xiao J, Tanaka K, Hamamoto H, Sekimizu K, Yamamoto K. Mol Med Rep. 2016 Nov;14(5):4243-4247. doi: 10.3892/mmr.2016.5782. Epub 2016 Sep 26. 詳細(外部リンク)
    ビブリオ・バルニフィカス菌の病原性をカイコの感染モデルを用いて調べた論文。
  18. Total Synthesis and Functional Evaluation of Fourteen Derivatives of Lysocin E: Importance of Cationic, Hydrophobic, and Aromatic Moieties for Antibacterial Activity. Kaji T, Murai M, Itoh H, Yasukawa J, Hamamoto H, Sekimizu K, Inoue M. Chemistry. 2016 Nov 14;22(47):16912-16919. doi: 10.1002/chem.201604022. Epub 2016 Oct 14. 詳細(外部リンク)
    14個のライソシンE誘導体について、全合成並びに機能性を評価した論文。
  19. Cell-Surface Phenol Soluble Modulins Regulate Staphylococcus aureus Colony Spreading. Kizaki H, Omae Y, Tabuchi F, Saito Y, Sekimizu K, Kaito C. PLoS One. 2016 Oct 10;11(10):e0164523. doi: 10.1371/journal.pone.0164523. eCollection 2016. 詳細(外部リンク)
    黄色ブドウ球菌の表面に存在するフェノール可溶性タンパク質による、コロニースプレディングと呼ばれる運動性の制御について述べた。
  20. Dividing phase-dependent cytotoxicity profiling of human embryonic lung fibroblast identifies candidate anticancer reagents. Inagaki Y, Matsumoto Y, Tang W, Sekimizu K. Drug Discov Ther. 2016;10(4):195-200. doi: 10.5582/ddt.2016.01049. 詳細(外部リンク)
    ヒトの胚由来肺線維芽細胞の分裂状態に依存した細胞毒性を評価することにより、制癌剤としての有効性が予測できることを述べた。
  21. Novel Nucleoside Diphosphatase Contributes to Staphylococcus aureus Virulence. Imae K, Saito Y, Kizaki H, Ryuno H, Mao H, Miyashita A, Suzuki Y, Sekimizu K, Kaito C. J Biol Chem. 2016 Sep 2;291(36):18608-19. doi: 10.1074/jbc.M116.721845. Epub 2016 Jul 15. 詳細(外部リンク)
    新規のヌクレオシドジホスファターゼが黄色ブドウ球菌の病原性に必要であることを示した。
  22. A human pathogenic bacterial infection model using the two-spotted cricket, Gryllus bimaculatus. Kochi Y, Miyashita A, Tsuchiya K, Mitsuyama M, Sekimizu K, Kaito C. FEMS Microbiol Lett. 2016 Aug;363(15). pii: fnw163. doi: 10.1093/femsle/fnw163. Epub 2016 Jul 3. 詳細(外部リンク)
    フタホシコオロギを用いて、ヒトに対する病原性細菌の病原性を評価できることを示した。
  23. An in vivo invertebrate evaluation system for identifying substances that suppress sucrose-induced postprandial hyperglycemia. Matsumoto Y, Ishii M, Sekimizu K. Sci Rep. 2016 May 19;6:26354. doi: 10.1038/srep26354. 詳細(外部リンク)
    ショ糖摂取後の高血糖を抑制する物質を、カイコを用いて探索できることを示した。
  24. Body-enlarging effect of royal jelly in a non-holometabolous insect species, Gryllus bimaculatus. Miyashita A, Kizaki H, Sekimizu K, Kaito C. Biol Open. 2016 Jun 15;5(6):770-6. doi: 10.1242/bio.019190. 詳細(外部リンク)
    フタホシコオロギの体長増加に対するロイヤルゼリーの効果を示した。
  25. Acute oral toxicity test of chemical compounds in silkworms. Usui K, Nishida S, Sugita T, Ueki T, Matsumoto Y, Okumura H, Sekimizu K. Drug Discov Ther. 2016 Feb;10(1):57-61. doi: 10.5582/ddt.2016.01025. 詳細(外部リンク)
    カイコを用いて化学物質の経口毒性を評価できることを示した。
  26. Lactic acid bacteria activating innate immunity improve survival in bacterial infection model of silkworm. Nishida S, Ono Y, Sekimizu K. Drug Discov Ther. 2016 Feb;10(1):49-56. doi: 10.5582/ddt.2016.01022. 詳細(外部リンク)
    乳酸菌による自然免疫の促進により、カイコの細菌感染モデルにおける、宿主の生存が延長されることを示した。
  27. Using silkworms to establish alternative animal models for evaluation of drug-induced tissue injury. Inagaki Y, Matsumoto Y, Sekimizu K. Drug Discov Ther. 2016 Feb;10(1):40-3. doi: 10.5582/ddt.2016.01023. 詳細(外部リンク)
    薬剤により誘導される組織破壊を評価するための動物代替モデルとしてのカイコの有用性を示した。
  28. Using silkworms as a laboratory animal to evaluate medicines and foods. Sekimizu K, Hamamoto H. Drug Discov Ther. 2016 Feb;10(1):1-2. doi: 10.5582/ddt.2016.01018. 詳細(外部リンク)
    医薬品や食品の評価を行う上でのカイコの実験動物としての有用性を示した。
  29. A critical role of mevalonate for peptidoglycan synthesis in Staphylococcus aureus. Matsumoto Y, Yasukawa J, Ishii M, Hayashi Y, Miyazaki S, Sekimizu K. Sci Rep. 2016 Mar 10;6:22894. doi: 10.1038/srep22894. 詳細(外部リンク)
    黄色ブドウ球菌におけるペプチドグリカン合成において、メバロン酸が必須の役割を果たしていることを示した。
  30. No Effect of Body Size on the Frequency of Calling and Courtship Song in the Two-Spotted Cricket, Gryllus bimaculatus. Miyashita A, Kizaki H, Sekimizu K, Kaito C. PLoS One. 2016 Jan 19;11(1):e0146999. doi: 10.1371/journal.pone.0146999. eCollection 2016. 詳細(外部リンク)
    フタホシコオロギの呼び鳴き並びに求愛歌の周波数に対して、体の大きさは影響しないことを示した。
  31. An Intriguing Correlation Based on the Superimposition of Residue Pairs with Inhibitors that Target Protein-Protein Interfaces. Nakadai M, Tomida S, Sekimizu K. Sci Rep. 2016 Jan 4;6:18543. doi: 10.1038/srep18543. 詳細(外部リンク)
    タンパク質タンパク質間相互作用を阻害する薬剤を予想するためのインシリコでの探索方法を提案した。
  32. Lysocin E is a new antibiotic that targets menaquinone in the bacterial membrane Hamamoto H, Urai M, Ishii K, Yasukawa J, Paudel A, Murai M, Kaji T, Kuranaga T, Hamase K, Katsu T, Su J, Adachi T, Uchida R, Tomoda H, Yamada M, Souma M, Kurihara H, Inoue M, and Sekimizu K Nat. Chem. Biol. 11,127-33 (2015)
    カイコの感染モデルを利用して新規抗生物質ライソシンを発見したことを述べた論文。
  33. Total Synthesis and Biological Evaluation of the Antibiotic Lysocin E and Its Enantiomeric, Epimeric, and N-Demethylated Analogues Murai M, Kaji T, Kuranaga T, Hamamoto H, Sekimizu K, and Inoue M Angewandte Chemie International Edition DOI: 10.1002/anie.201410270 (2014) 詳細(外部リンク)
    ライソシンEの全合成に関する論文。
  34. Paralytic peptide: an insect cytokine that mediates innate immunity. Ishii K, Hamamoto H, Sekimizu K. Arch Insect Biochem Physiol.88(1):18-30. doi: 10.1002/arch.21215. (2015)(Review article) 詳細(外部リンク)
    カイコの麻痺ペプチドがサイトカインとして自然免疫系で果たす役割について述べた論文。
  35. Evaluation of the hypoglycemic effects of the herbal medicine Rehmanniae Radix using a hyperglycemic silkworm model. Matsumoto Y and Sekimizu K. Alternatives to Animal Testing and Experimentation (AATEX)19(1):1-6. doi: N/A (2014)
    カイコを用いて、生薬である地黄の血糖降下作用を評価できることを示した論文。
  36. Transgenic silkworms expressing human insulin receptors for evaluation of therapeutically active insulin receptor agonists. Matsumoto Y, Ishii M, Ishii K, Miyaguchi W, Horie R, Inagaki Y, Hamamoto H, Tatematsu K, Uchino K, Tamura T, Sezutsu H, Sekimizu K. Biochem Biophys Res Commun. 455, 159-164 (2014) 詳細(外部リンク)
    ヒトのインスリン受容体を発現するトランスジェニックカイコがインスリン受容体アゴニストを評価できることを示した論文。
  37. Miyashita A, Kizaki H, Kawasaki K, Sekimizu K, Kaito C. Primed immune responses to Gram-negative peptidoglycans confer infection resistance in silkworms. J Biol Chem. 289, 14412-21 (2014) 詳細(外部リンク)
    グラム陰性細菌のペプチドグリカンが感染に対するカイコの耐性を導くことを示した論文。
  38. Ishii K, Hamamoto H, Sekimizu K. Establishment of a bacterial infection model using the European honeybee, Apis mellifera L. PLoS One. 9(2):e89917. doi: 10.1371/journal.pone.0089917 (2014) 詳細(外部リンク)
    ミツバチを用いて細菌の病原性を研究した論文。
  39. Ishii K, Adachi T, Hara T, Hamamoto H, Sekimizu K. Identification of a Serratia marcescens virulence factor that promotes hemolymph bleeding in the silkworm, Bombyx mori. Journal of Invertebrate Pathology 117, 61-7(2014) 詳細(外部リンク)
    セラチア菌の病原性をカイコを用いて研究した論文。
  40. Hu Y, Hamamoto H, Sekimizu K. Use of silkworms to evaluate the pathogenicity of bacteria attached to cedar pollen. Drug Discov Ther. 7,153-7 (2013) 詳細(外部リンク)
    スギ花粉に付着した細菌の病原性を、カイコを用いて評価した研究。この論文業績により、薬学部4年生の胡媛氏は東京大学総長大賞を受賞した。
  41. Inagaki Y, Matsumoto Y, Kataoka K, Matsuhashi N, Sekimizu K. Evaluation of drug-induced tissue injury by measuring alanine aminotransferase (ALT) activity in silkworm hemolymph. BMC Pharmacol Toxicol.8;13(1):13 (2012) 詳細(外部リンク)
    カイコの肝臓病モデルに関する論文。肝臓障害を引き起こす薬物の投与により、カイコの血中のALT活性が上昇することを示した。
  42. Miyashita A, Iyoda S, Ishii K, Hamamoto H, Sekimizu K, Kaito C. Lipopolysaccharide O-antigen of enterohemorrhagic Escherichia coli O157:H7 is required for killing both insects and mammals. FEMS Microbiol Lett.333(1):59-68. (2012) 詳細(外部リンク)
    カイコの大腸菌O157による感染モデルに関する論文。
  43. Miyazaki S, Matsumoto Y, Sekimizu K, Kaito C. Evaluation of Staphylococcus aureus virulence factors using a silkworm model. FEMS Microbiol Lett.326(2):116-24. (2012) 詳細(外部リンク)
    カイコ感染モデルを用いて、黄色ブドウ球菌の病原性因子について研究した論文。
  44. Matsumoto Y, Miyazaki S, Fukunaga DH, Shimizu K, Kawamoto S, Sekimizu K. Quantitative evaluation of cryptococcal pathogenesis and antifungal drugs using a silkworm infection model with Cryptococcus neoformans.J Appl Microbiol.112(1):138-46.(2012) 詳細(外部リンク)
    ヒトに対する病原性真菌であるクリプトコッカスのカイコでの病原性について述べた論文。
  45. Sekimizu, N., Paudel, A., Hamamoto, H. (2012) Animal welfare and use of silkworm as a model animal. Drug Discov Ther 6, 226-229. 詳細(外部リンク)
    動物愛護と実験動物としてのカイコの利用についての研究である。
  46. Fujiyuki, T., Hamamoto, H., Ishii, K., Urai, M., Kataoka, K., Takeda, T., Shibata, S., Sekimizu, K. (2012) Evaluation of innate immune stimulating activity of polysaccharaides using a silkworm (Bombyx mori) muscle contraction assay. Drug Discov Ther 6, 88-93. 詳細(外部リンク)
    多糖類の自然免疫促進活性を、カイコの筋収縮を指標とした系を用いて評価した。
  47. Dhital, S., Hamamoto, H., Urai, M., Ishii, K. & Sekimizu, K. (2011) Purification of innate immunostimulant from green tea using a silkworm muscle contraction assay. Drug Discov Ther 5, 18-25. 詳細(外部リンク)
    カイコの筋収縮を指標とした自然免疫活性化物質の測定系を用いて、緑茶に含まれる自然免疫活性化物質を精製した。
  48. Matsumoto Y, Sumiya E, Sugita T, Sekimizu K. An invertebrate hyperglycemic model for identification of anti-diabetic drugs. PLoS ONE 30;6(3):e18292 (2011) 詳細(外部リンク)
    カイコに高グルコース餌を与えると、血糖値が上昇すること、また、インスリンなどの糖尿病治療薬がカイコの血糖値を下げることが分かった。さらに、ガラクトースが血糖値降下作用を示すことを初めて示した。本論文は、無脊椎動物による糖尿病モデルの初めての研究例である。
  49. Chikara Kaito, Yuki Saito, Gentaro Nagano, Mariko Ikuo, Yosuke Omae, Yuichi Hanada, Xiao Han, Kyoko Kuwahara-Arai, Tomomi Hishinuma, Tadashi Baba, Teruyo Ito, Keiichi Hiramatsu, Kazuhisa Sekimizu. Transcription and translation products of the cytolysin gene psm-mec on the mobile genetic element SCCmec regulate Staphylococcus aureus Virulence., PLoS pathog. 7(2): e1001267 (2011) 詳細(外部リンク)
    病院内感染で問題となっているMRSAが、psm-mecという病原性を抑える遺伝子を持っていることを明らかにした。本論文の内容は、朝日新聞等で取り上げられた。
  50. Fujiyuki T, Imamura K, Hamamoto H, Sekimizu K. Evaluation of therapeutic effects and pharmacokinetics of antibacterial chromogenic agents in silkworm model of Staphilococcus aureus infection., Drug Discov Ther. 4(5):349-354. (2010) 詳細(外部リンク)
    カイコを用いて、黄色ブドウ球菌の感染治療に有効な薬物の体内動態を評価できることを示した。
  51. Ishii K, Hamamoto H, Imamura K, Adachi T, Shoji M, Nakayama K, Sekimizu K. Porphyromonas gingivalis peptidoglycans induce excessive activation of the innate immune system in silkworm larvae. J Biol Chem.285(43): 33338-47, (2010) 詳細(外部リンク)
    歯周病菌が自然免疫を過度に活性化することを示した。
  52. Ishii K, Hamamoto H, Kamimura M, Nakamura Y, Noda H, Imamura K, Mita K, Sekimizu K. The insect cytokine paralytic peptide (PP) induces cellular and humoral immune responses in the silkworm Bombyx mori. J Biol Chem.285(37): 28635-42, (2010) 詳細(外部リンク)
    カイコの麻痺ペプチドが、カイコの自然免疫に関与する様々な遺伝子の発現を導くことを明らかにした。
  53. Ikuo M, Kaito C, Sekimizu K: The cvfC operon of Staphylococcus aureus contributes to virulence via expression of the thyA gene. Microb Pathog.49(1-2):1-7, (2010) 詳細(外部リンク)
  54. Asami Y, Horie R, Hamamoto H, Sekimizu K:Use of silkworms for identification of drug candidates having appropriate pharmacokinetics from plant sources. BMC Pharmacol.11;10:7, (2010) 詳細(外部リンク)
  55. Matsuo, M., Kurokawa, K., Lee, B. L. and Sekimizu, K. (2010) Shuttle vectors derived from pN315 for study of essential genes in Staphylococcus aureus. Biol. Pharm. Bull. 33, 198-203. 詳細(外部リンク)
    黄色ブドウ球菌のプラスミドpN315を元に、大腸菌と黄色ブドウ球菌間のシャトルベクターを作成。
  56. Kurokawa, K., Hamamoto, H., Matsuo, M., Nishida, S., Yamane, N., Lee, B. L., Murakami, K., Maki, H. and Sekimizu, K. (2009) Evaluation of target specificity of antibacterial agents using Staphylococcus aureus ddlA mutants and D-cycloserine in a silkworm infection model. Antimicrob. Agents Chemother., 53, 4025-4027. 詳細(外部リンク)
    黄色ブドウ球菌dldA変異体のD-シクロセリン感受性を調べ、カイコ幼虫は特定の薬剤の開発を行うための感染モデル系として有効であることを示した。
  57. Usui, K., Miyazaki, S., Kaito, C. and Sekimizu, K. (2009) Purification of soil bacteria exotoxin using silkworm toxicity to measure specific activity. Microb. Pathog., 46, 59-62. 詳細(外部リンク)
    カイコ幼虫感染モデルは細菌毒素の有無を評価し、その毒素の精製に利用できることを報告。
  58. Oku, Y., Kurokawa, K., Matsuo, M., Yamada, S., Lee, B. L. and Sekimizu, K. (2009) Pleiotropic roles of poly-glycerophosphate synthase of lipoteichoic acid in the growth of Staphylococcus aureus cells. J. Bacteriol., 191, 141-151. 詳細(外部リンク)
    黄色ブドウ球菌の温度感受性株を用い、細胞表層のリポタイコ酸LTAは細胞壁タイコ酸と相補的に細胞増殖に多面的な役割を果たすことを報告。
  59. Hamamoto, H., Tonoike, A., Narushima, K., Horie, R. and Sekimizu,K.(2009) Silkworm as a model animal to evaluate drug candidate toxity and metabolism. Comp.Biochem.Physil., C149,334-339. 詳細(外部リンク)
    毒物の致死量や薬剤の体内動態が哺乳類と同様であることを示し、カイコは薬剤開発のモデル動物となることを報告。
  60. Kurokawa, K., Nishida, S., Ishibashi, M., Mizumura, H., Ueno, K., Yutsudo, T., Maki, H., Murakami, K. and Sekimizu, K. (2008) Staphylococcus aureus MurC participates in L-alanine recognition via Histidine 343, a conserved motif in the shallow hydrophobic pocket. J. Biochem. (Tokyo), 143, 417-424. 詳細(外部リンク)
    黄色ブドウ球菌のペプチドグリカン合成酵素に関する新しい知見を述べた。
  61. Ishii, K., Hamamoto, H., Sasaki, T., Ikegaya, Y., Yamatsugu, K., Kanai, M., Shibasaki, M. and Sekimizu, K. (2008) Pharmacologic action of oseltamivir on the nervous system. Drug Discoveries and Therapeutics, 2, 24-34. 詳細(外部リンク)
    抗インフルエンザ薬タミフルがLグルタミン酸と共通構造を持っており、神経系に作用することを示した。
  62. Ishii, K., Hamamoto, H., Kamimura, M. and Sekimizu, K. (2008) Activation of the silkworm cytokine by bacterial and fungal cell wall components via a reactive oxygen species-triggered mechanism. J. Biol. Chem., 283, 2185-2191. 詳細(外部リンク)
    カイコの自然免疫活性化により、筋肉収縮が誘導されること、並びにその分子機構を示した。
  63. Nagata, M., Kaito, C. and Sekimizu, K. (2008) Phosphodiesterase activity of CvfA is required for virulence in Staphylococcus aureus. J. Biol. Chem., 283, 2176-2184. 詳細(外部リンク)
    私たちが発見した黄色ブドウ球菌の病原性遺伝子、cvfAがホスホジエステラーゼをコードしていることを示した。
  64. Orihara, Y., Hamamoto, H., Kasuga, H., Shimada, T., Kawaguchi, Y. and Sekimizu, K. (2008) A silkworm-baculovirus model for assessing the therapeutic effects of anti-viral compounds: characterization and application to the isolation of anti-virals from traditional medicines. J. Gen. Virol., 89, 188-194. 詳細(外部リンク)
    カイコのバキュロウイルス感染モデルを用いて、ヒトのウイルス感染症に対する治療薬の評価が出来ることを示した。
  65. Kaito, C. and Sekimizu, K. (2007) A silkworm model of pathogenic bacterial infection. Drug Discoveries and Therapeutics, 1, 89-93. 詳細(外部リンク)
    カイコの細菌感染症モデルの有用性を示した。
  66. Ishii, K., Hamamoto, H. and Sekimizu, K. (2007) A novel method to suppress the dispersal of Japanese cedar pollen by inducing morphologic changes with weak alkaline solutions. Drug Discoveries and Therapeutics, 1, 124-129. 詳細(外部リンク)
    スギ花粉が弱アルカリ性溶液中で形態変化を起こし、飛散しなくなることを示した。
  67. Ito, T., Saso, K., Arimitsu, N. and Sekimizu, K. (2007) Defective FESTA/EAF2-mediated transcriptional activation in S-II-deficient embryonic stem cells. Biochem. Biophys. Res. Commun., 363, 603-609. 詳細(外部リンク)
    私たちが長年研究してきた転写伸長因子S-IIと機能的に関連する新しい転写因子に関する論文。
  68. Ito, T., Doi, K., Matsumoto, N., Kakihara, F., Noiri, E., Hasegawa, S., Tokunaga, K. and Sekimizu, K. (2007) Lack of polymorphisms in the coding region of the highly conserved gene encoding transcription elongation factor S-II (TCEA1). Drug Discoveries and Therapeutics, 1, 9-11. 詳細(外部リンク)
    転写伸長因子S-IIのヒトにおける遺伝子の多様性について調査した論文。
  69. Hattori, K., Hirayama, M., Suzuki, H., Hamamoto, H., Sekimizu, K. and Tamura, H. O. (2007) Cloning and expression of a novel sulfotransferase with unique substrate specificity from Bombyx mori. Biosci. Biotechnol. Biochem., 71, 1044-1051. 詳細(外部リンク)
    カイコの硫酸転移酵素のクローニング並びに発現制御に関する論文。
  70. Ashibe, B., Hirai, T., Higashi, K., Sekimizu, K., Motojima, K. (2007) Dual subcellular localization in the endoplasmic reticulum and peroxisomes and a vital role in protecting against oxidative stress of fatty aldehyde dehydrogenase are achieved by alternative splicing. J. Biol. Chem., 282, 20763-20773. 詳細(外部リンク)
    オールタナティブスプライシングによるアルデヒドデヒドロゲナーゼの遺伝子発現調節について述べた論文。
  71. Li, Y., Kurokawa, K., Reutimann, L., Mizumura, H., Matsuo, M. and Sekimizu, K. (2007) dnaB and dnaI temperature-sensitive mutants of Staphylococcus aureus: evidence for involvement of DnaB and DnaI in synchrony regulation of chromosome replication. Microbiology, 153, 3370-3379. 詳細(外部リンク)
    dnaB及びdnaI遺伝子の産物が染色体DNAの複製において果たす役割について述べた論文。
  72. Ishibashi, M., Kurokawa, K., Nishida, S., Ueno, K., Matsuo, M. and Sekimizu, K. (2007) Isolation of temperature-sensitive mutations in murC of Staphylococcus aureus. FEMS Microbiol. Lett., 274, 204-209. 詳細(外部リンク)
    ペプチドグリカン合成酵素をコードするmurC遺伝子の温度感受性変異株を見いだした。
  73. Ikeda, R., Saito, F., Matsuo, M., Kurokawa, K., Sekimizu, K., Yamaguchi, M. and Kawamoto, S. (2007) The contribution of the mannan backbone of cryptococcal glucuronoxylomannan and a glycolytic enzyme of Staphylococcus aureus to contact mediated killing of Cryptococcus neoformans. J. Bacteriol., 189, 4815-4826. 詳細(外部リンク)
    病原性真菌クリプトコッカスネオフォルマンスの病原性に関する論文。
  74. Kurokawa, K., Kaito, C. and Sekimizu, K., Two-component signaling in virulence of S. aureus: silkworm larvae-pathogenic agents infection model for Virulence. Methods Enzymol., 422, 233-244. 詳細(外部リンク)
    カイコを用いて黄色ブドウ球菌の2成分系が病原性において果たす機能について述べた論文。
  75. Koyama, H., Ito, T., Nakanishi, T. and Sekimizu, K. (2007) Stimulation RNA polymerase II transcript cleavage activity contributes to maintain transcriptional fidelity in yeast. Genes to Cells, 12, 547-559. 詳細(外部リンク)
    RNAポリメラーゼIIがもつ転写産物の切断活性が転写の校正において果たす役割について述べた論文。
  76. Matsumoto, Y., Kaito, C., Morishita, D., Kurokawa, K. and Sekimizu, K. (2007) Regulation of exoprotein gene expression by the Staphylococcus aures cvfB gene. Infect. Immun., 75, 1964-1972. 詳細(外部リンク)
    私たちが発見した黄色ブドウ球菌の病原性遺伝子cvfBの産物の機能に関する論文。
  77. Nagata, M., Arimitsu, N., Ito, T. and Sekimizu, K. (2007) Antioxidant N-acetyl-l-cysteine inhibits erythropoietin-induced differentiation of erythroid progenitors derived from mouse fetal liver. Cell Biol Int., 31, 252-256. 詳細(外部リンク)
    エリスロポイエチンによる赤芽球の細胞分化に対してNアセチルシステインが阻害することを示した論文。
  78. Kaito, C. and Sekimizu, K. (2007) Colony Spreading in Staphylococcus aureus. J Bacteriol., 189, 2553-2557. 詳細(外部リンク)
    黄色ブドウ球菌が軟寒天培地上を広がることを示した論文。
  79. Kaito, C., Morishita, D., Matsumoto, Y., Kurokawa, K. and Sekimizu, K. (2007) Novel DNA binding protein SarZ contributes to virulence in Staphylococcus aureus. Mol Microbiol., 62, 1601-1617. 詳細(外部リンク)
    黄色ブドウ球菌のSarZと呼ばれるタンパク質が病原性発現に寄与していることを、カイコ幼虫の感染モデルを用いて示した。
  80. Hossain, M. S., Hamamoto, H., Matsumoto, Y., Razanajatovo, I. M., Larranaga, J., Kaito, C., Kasuga, H. and Sekimizu K. (2006) Use of silkworm larvae to study pathogenic bacterial toxins. J. Biochem. (Tokyo), 140, 439-444. 詳細(外部リンク)
    カイコ幼虫を用いて、細菌が放出する毒素の活性を評価できることを示した。
  81. Ito, T., Arimitsu, N., Takeuchi, M., Kawamura, N., Nagata, M., Saso, K., Akimitsu, N., Hamamoto, H., Natori, S., Miyajima, A. and Sekimizu, K. (2006) Transcription elongation factor S-II is required for definitive hematopoiesis. Mol Cell Biol., 26, 3194-3203. 詳細(外部リンク)
    転写伸長因子S-IIが赤芽球の分化において必要不可欠な役割を果たしていることを、遺伝子ノックアウトマウスを作出して示した。
  82. Nishida, S., Kurokawa, K., Matsuo, M., Sakamoto, K., Ueno, K., Kita, K. and Sekimizu, K., Identification and characterization of amino acid residues essential for the active site of UDP-N-acetylenolpyruvylglucosamine reductase (MurB) from Staphylococcus aureus. J. Biol. Chem., 281, 1714-1724. 詳細(外部リンク)
    黄色ブドウ球菌のペプチドグリカン合成に必須なMurBタンパク質の活性に必要なアミノ酸残基を部位特異的変異導入により示した。
  83. Murai, M., Kurokawa, K., Ichihashi, N., Matsuo, M. and Sekimizu, K. (2006) Isolation of a temperature-sensitive dnaA mutant of Staphylococcus aureus. FEMS Microbiol Lett., 254, 19-26. 詳細(外部リンク)
    黄色ブドウ球菌のDNA複製開始タンパクDnaA温度感受性変異株について報告した。
  84. Hamamoto, H., Larranaga, J., Sekine, M., Furuchi, T., Katane, M., Homma, H., Matsuki, N. and Sekimizu, K. (2006) D-glutamic acid induced muscle contraction in silkworm larva. in D-Amino Acids: A new Frontier in Amino Acid and Protein Resarch. pp. 249-254. 詳細(外部リンク)
    D-グルタミン酸がカイコ幼虫の筋肉収縮を誘導することを述べた。
  85. Rungruang, T., Kaneko, O., Murakami, Y., Tsuboi, T., Hamamoto, H., Akimitsu, N., Sekimizu, K., Kinoshita, T. and Torii, M. (2005) Erythrocyte surface glycosylphosphatidyl inositol anchored receptor for the malaria parasite. Mol Biochem Parasitol., 140, 13-21. 詳細(外部リンク)
    マラリア感染に必要な受容体がGPIアンカーを介して赤血球膜に結合していることを述べた。
  86. Aramaki, Y., Ogawa, K., Toh, Y., Ito, T., Akimitsu, N., Hamamoto, H., Sekimizu, K., Matsusue, K., Kono, A., Iguchi, H. and Takiguchi, S. (2005) Direct interaction between metastasis-associated protein 1 and endophilin 3. FEBS Lett., 579, 3731-3736. 詳細(外部リンク)
    MTA1タンパク質がエンドフィリン3と直接結合していることを示した。
  87. Hamamoto, H., Kamura, K., Razanajatovo, I. M., Murakami, K., Santa, T. and Sekimizu, K. (2005) Effects of molecular mass and hydrophobicity on transport rates through non-specific pathways of the silkworm larva midgut. Int. J. Antimicrob. Agents 26, 38-42. 詳細(外部リンク)
    化合物の分子量と疎水性が及ぼす、カイコの腸管壁透過性について論じた。
  88. Kawamura, N., Kurokawa, K., Ito, T., Hamamoto, H., Koyama, H., Kaito, C. and Sekimizu, K. (2005) Participation of Rho-dependent transcription termination in oxidative stress sensitivity caused by an rpoB mutation. Genes Cells, 10, 477-487. 詳細(外部リンク)
    RNAポリメラーゼのサブユニットの変異がもたらす酸化ストレス感受性に対する、依存の転写終結の効果について論じた。
  89. Kaito, C., Kurokawa, K., Matsumoto, Y., Terao, Y., Kawabata, S., Hamada, S. and Sekimizu, K. (2005) Silkworm-pathogenic bacteria infection model for identification of novel virulence genes. Mol. Microbiol., 56, 34-44. 詳細(外部リンク)
    カイコ幼虫の感染モデルを用いて、3つの黄色ブドウ球菌の病原性遺伝子を発見した。
  90. Sekimizu, K., Larranaga, J., Hamamoto, H., Sekine, M., Furuchi, T., Katane, M., Homma, H. and Matsuki, N. (2005) D-Glutamic acid-induced muscle contraction in the silkworm, Bombyx mori. J. Biochem. (Tokyo), 137, 199-203. 詳細(外部リンク)
    Dグルタミン酸がカイコ幼虫の筋肉収縮を引き起こす神経伝達物質であることを発見した。
  91. Hamamoto H and Sekimizu K. (2005) Evaluation of the therapeutic effects of antibiotics using silkworm as an animal model. Res. Adv. Antimicrob. Agents Chemother, 5, 1-23.
    カイコ幼虫の感染モデルを用いて抗生物質の治療効果を評価することができることを述べた。
  92. Shiokawa, K., Takayama, E., Higo, T., Kuroyanagi, S., Kaito, C., Hara, H., Kajitani, M., Sekimizu, K., Tadakuma, T., Miura, K., Igarashi, K. and Yaoita, Y. (2005) Occurrence of pre-MBT synthesis of caspase-8 mRNA and activation of caspase-8 prior to execution of SAMDC (S-adenosylmethionine decarboxylase)-induced, but not p53-induced, apoptosis in Xenopus late blastulae. Biochem. Biophys. Res. Commun., 336, 682-691. 詳細(外部リンク)
    アフリカツメガエルの初期胚のアポトーシスがカスパーゼ8の活性化で引き起こされる事を示した。
  93. Yamaguchi, S., Katagiri, S., Sekimizu, K., Natori, S. and Homma, K. J. (2005) Involvement of EDTP, an Egg-Derived Tyrosine Phosphatase, in the Early Development of Drosophila melanogaster. J Biochem. (Tokyo), 138, 721-728. 詳細(外部リンク)
    ショウジョウバエの初期発生におけるチロシンフォスファターゼEDTPが果たす役割について述べた。
  94. Hossain, M. S., Kurokawa, K. and Sekimizu, K. (2004) Induction of fusion-competent myoblast-specific gene expression during myogenic differentiation of Drosophila Schneider cells by DNA double-strand breaks or replication inhibition. Biochim. Biophys. Acta, 1743, 176-186. 詳細(外部リンク)
    DNAの二重鎖を切断する薬剤により、ショウジョウバエの培養細胞を筋肉に分化させることができることを発見した。
  95. Nakata, A., Ito, T., Nagata, M., Hori, S. and Sekimizu, K. (2004) GRIP1tau, a novel PDZ domain-containing transcriptional activator, cooperates with the testis-specific transcription elongation factor SII-T1. Genes Cells, 9, 1125-1135. 詳細(外部リンク)
    精巣特異的に発現する転写伸長因子SII-T1と協調的に働く転写制御タンパク質を発見した。
  96. Hossain, M. S., Kurokawa, K., Akimitsu, N. and Sekimizu, K. (2004) DNA topoisomerase II is required for the G0-to-S phase transition in Drosophila Schneider cells, but not in yeast. Genes Cells, 9, 905-917. 詳細(外部リンク)
    DNAトポイソメラーゼIIが、ショウジョウバエの培養細胞ではG0期からS期への以降に必要であるが、酵母細胞では不必要であることを示した。
  97. Ishida, T., Akimitsu, N., Kashioka, T., Hatano, M., Kubota, T., Ogata, Y., Sekimizu, K. and Katayama, T. (2004) DiaA, a novel DnaA-binding protein, ensures the timely initiation of Escherichia coli chromosome replication. J. Biol. Chem., 279, 45546-45555. 詳細(外部リンク)
    大腸菌のDNA複製開始タンパク質DnaAに結合してDNA複製開始を制御するタンパク質DiaAを発見した。
  98. Akimitsu, N., Kim, H. S., Hamamoto, H., Kamura, K., Fukuma, N., Arimitsu, N., Ono, K., Wataya, Y., Torii, M., Sekimizu, K. (2004) Duffy antigen is important for the lethal effect of the lethal strain of Plasmodium yoelii 17XL. Parasitol. Res., 93, 499-503. 詳細(外部リンク)
    赤血球膜状のダフィー抗原と呼ばれるタンパク質が、マラリア原虫の病原性発揮に関わっていることを発見した。
  99. Saito, M., Santa, T., Tsunoda, M., Hamamoto, H. and Usui, N. (2004) An automated analyzer for vancomycin in plasma samples by column-switching high-performance liquid chromatography with UV detection, Biomed. Chromatogr., 18, 735-738. 詳細(外部リンク)
    血漿中のバンコマイシン濃度を感度よく自動的に定量する方法を開発した。
  100. Jilma, B., Akimitsu, N., Fukuma, N., Sekimizu K, Jilma-Stohlawetz, P. (2004) Man, mouse and Duffy genotype-phenotype-specific pharmacokinetics of monocyte chemotactic protein-1. Transfus. Med., 14, 251-252. 詳細(外部リンク)
    赤血球膜状のダフィー抗原がサイトカインの体内動態に影響を及ぼすことを発見した。
  101. Li, Y., Kurokawa, K., Matsuo, M., Fukuhara, N., Murakami, K. and Sekimizu, K. (2004) Identification of temperature-sensitive dnaD mutants of Staphylococcus aureus that are defective in chromosomal DNA replication. Mol. Genet. Genomics, 271, 447-457. 詳細(外部リンク)
    黄色ブドウ球菌dnaDと呼ばれる遺伝子の産物がDNA複製に必要であることを、温度感受性変異株を分離することにより初めて示した。
  102. Hamamoto, H., Kurokawa, K., Kaito, C., Kamura, K., Manitra Razanajatovo, I., Kusuhara, H., Santa, T. and Sekimizu, K. (2004) Quantitative evaluation of the therapeutic effects of antibiotics using silkworms infected with human pathogenic microorganisms. Antimicrob. Agents Chemother, 48, 774-779. 詳細(外部リンク)
    カイコ幼虫を使って、抗真菌剤・抗菌剤の治療効果を定量的に評価できることを述べた。ED50値は、マウスなどの哺乳類で得られる値と一致していた。カイコ幼虫は、病態モデル動物として今後重要性を増すと期待される。この論文は、2004年3月のアメリカ細菌学会誌11誌の掲載論文の中からベスト6に選ばれた。
  103. Oku, Y., Kurokawa, K., Ichihashi, N. and Sekimizu, K. (2004) Characterization of the Staphylococcus aureus mprF gene, involved in lysinylation of phosphatidylglycerol. Microbiology, 150, 45-51. 詳細(外部リンク)
    黄色ブドウ球菌のmprF遺伝子は、リジルフォスファチジルグリセロール合成酵素をコードしていることを示した。
  104. Takeuchi, K., Takahashi, H., Sugai, M., Iwai, H., Kohno, T., Sekimizu, K., Natori, S., Shimada, I. (2004) Channel-forming membrane permeabilization by an antibacterial protein, sapecin: determination of membrane-buried and oligomerization surfaces by NMR. J. Biol. Chem., 279, 4981-4987. 詳細(外部リンク)
    ハエの幼虫の体液中に見いだされたザーペシンと呼ばれる抗菌ペプチドが複合体を形成して細菌の膜に穴をあけることをNMRによって示した。
  105. 浜本洋, 関水和久 (2004) カイコ幼虫をモデル動物とした抗生物質の治療効果の評価, 医学のあゆみ, 210, 1011-1012. 詳細(外部リンク)
    カイコ幼虫が、抗生物質の治療評価を行う上に有用であることを示した。
  106. Ichihashi, N., Kurokawa, K., Matsuo, M., Kaito, C. and Sekimizu, K. (2003) Inhibitory effects of basic or neutral phospholipid on acidic phospholipid-mediated dissociation of adenine nucleotidebound to DnaA protein, the initiator of chromosomal DNA replication. J. Biol. Chem., 278, 28778-28786.詳細(外部リンク)
  107. Ubukata, T., Shimizu, T., Adachi, N., Sekimizu, K. and Nakanishi, T. (2003) Cleavage, but not read-through, stimulation activity is responsible for three biologic functions of transcription elongation factor S-II. J. Biol. Chem., 278, 8580-8585. 詳細(外部リンク)
  108. Koyama, H., Ito, T., Nakanishi, T., Kawamura, N. and Sekimizu, K. (2003) Transcription elongation factor S-II maintains transcriptional fidelity and confers oxidative stress resistance. Genes to Cells, 8, 779-788. 詳細(外部リンク)
  109. Akimitsu, N., Adachi, N., Hirai, H., Hossain, M. S., Hamamoto, H., Kobayashi, M., Aratani, Y., Koyama, H. and Sekimizu, K. (2003) Enforced cytokinesis without complete nuclear division in embryonic cells depleting the activity of DNA topoisomerase IIalpha, Genes to Cells, 8, 393-402. 詳細(外部リンク)
  110. Matsuo, M., Kurokawa, K., Nishida, S., Li, Y., Takimura, H., Kaito, C., Fukuhara, N., Maki, H., Miura, K., Murakami, K. and Sekimizu, K. (2003) Isolation and mutation site determination of the temperature-sensitive murB mutants of Staphylococcus aureus. FEMS Microbiol. Lett., 222, 107-113. 詳細(外部リンク)
  111. Nakanishi, T. and Sekimizu, K. (2002) SDT1/SSM1, a multicopy suppressor of S-II null mutant, encodes a novel pyrimidine 5'-nucleotidase. J. Biol. Chem., 277, 22103-22106. 詳細(外部リンク)
  112. Kaito, C., Akimitsu, N., Watanabe, H. and Sekimizu, K. (2002) Silkworm larvae as an animal model of bacterial infection pathogenic to humans. Microb. Pathog., 32, 183-190. 詳細(外部リンク)
  113. Kaito, C. Kurokawa, K., Hossain, M. S., Akimitsu, N. and Sekimizu, K. (2002) Isolation and characterization of temperature-sensitive mutants of the Staphylococcus aureus dnaC gene. FEMS Microbiol. Lett., 210, 157-164. 詳細(外部リンク)
  114. 関水和久, 黒川健児 (2002) ゲノム創薬の考え方に基づく新規抗菌剤の開発方法, 次世代ゲノム創薬 (日本薬学会編, 編集代表杉山雄一), 中山書店, pp 85-98. 詳細(外部リンク)